ハリケーン痛打!9月米雇用は7年ぶりの減少

前月から3万3000人減少

 10月6日、9月の米雇用統計は非農業部門の就業者数が3万3000人減少した。写真はボストンの就職フェア会場で5月撮影(2017年 ロイター/Brian Snyder)

[ワシントン 6日 ロイター] - 米労働省が6日発表した9月の雇用統計は、景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数が前月から3万3000人減少した。

雇用がマイナスになったのは2010年9月以来、7年ぶり。市場予想は9万人増だった。ハリケーン「ハービー」と「イルマ」によって失業者が出たほか、採用活動にも遅れが生じた。ハリケーンが第3・四半期の経済活動を抑制したことを示す最新の兆しだ。

労働省当局者は、8月下旬と9月上旬にテキサス州とフロリダ州を直撃したハービーとイルマによって「9月の非農業部門の就業者数が減った」とした。

8月の数字は上方改定

8月の数字は当初発表の15万6000人増から16万9000人増へ上方改定された。

就業者数の集計方法は、雇用主を調査対象に、12日を含む給与期間中に支払われなかった者を失業者と見なす。

ハリケーンで職を失った者の多くは復職するとみられる。また、向こう数カ月間は復興・清掃活動で雇用の伸びが拡大するだろう。

次ページ部門別でみると?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。