ノーベル平和賞の栄誉は核廃絶NGOの「ICAN」

「ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)」に授与

 10月6日、ノルウェーのノーベル賞委員会は2017年のノーベル平和賞を非政府組織(NGO)の連合体「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)に授与すると発表した。写真は取材に応じるICANのベアトリス・フィン事務局長(写真右)、コーディネーターのダニエル・ホグスタ氏(写真左)(2017年 ロイター/Denis Balibouse)

[オスロ/ジュネーブ 6日 ロイター] - ノルウェーのノーベル賞委員会は6日、2017年のノーベル平和賞を、非政府組織(NGO)の連合体「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)に授与すると発表した。

ICANはオーストラリアで結成され、2007年にウィーンで正式に発足。100カ国以上のNGOが参加している。

ノーベル賞委員会は「私たちが生きている世界では、核兵器が使用されるリスクが長らくなかったほど高まっている」と表明した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。