サントリーが表に出さない「陰徳」の存在感

作家・伊集院静氏が語る創業者鳥井信治郎

鳥井信治郎はなぜ100人が100人反対したウイスキー造りをやり続けたのか(撮影:ヒラオカスタジオ)
サントリー創業者・鳥井信治郎の果てなき情熱とは。『琥珀の夢』を書いた作家の伊集院静氏に聞いた。

信治郎を描くことで見えてくるもの

――企業人主役の小説執筆は珍しいですね。

「人物の小説」は過去に自著が1冊しかなく、『ノボさん 小説正岡子規と夏目漱石』のみ。これは文学の範疇だった。経済人にお会いすると、ビジネスを手掛けてきた人なのだとの感慨は持つが、僕自身が執筆することはありえないと思っていた。

――鳥井信治郎が「人間の魅力」に満ちていたのですか。

連載が終わった直後の日本経済新聞の日曜版コラム(9月10日付)に記したとおりで、信治郎を描くことで「日本人とは何であるかを探る貴重な入り口に立てる」と思ったのだ。サントリーと仕事でかかわったのは2000年以降、毎年1月の新成人と4月の新社会人の日に、新聞広告で熱きメッセージを書くぐらい。現会長の佐治信忠さんが初期から僕の本を読んでくれていて、個人的な付き合いはあるが、つるんだりするのがダメな人という印象だった。

もともと、企業人との仕事はなるべくしないほうがいい、企業の中に立ち入らないほうがいいというのが僕の考えだ。2代目社長の佐治敬三さんには会ったことも話したこともない。サントリーとは20年ぐらいの付き合いだが、会社に行ったのは一度ぐらい。ラグビー場にさえ一度ぐらいしか試合を見に行っていない。

次ページ問題は書いた後
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。