嫌われる人の「会議の発言」、よくある7大NG

「強引すぎ、すぐに便乗…」あなたは大丈夫?

会議でのあなたの発言が、周囲を不快にさせているかもしれません(写真:xiangtao / PIXTA)
みなさん、こんにちは! アナウンサーの魚住りえです。
このたび、東洋経済新報社より『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』を出版いたしました。
前著『たった1日で声まで良くなる話し方の教科書』は本当に多くの方に手に取っていただき、おかげさまで15万部を超えるベストセラーとなりました。みなさまに深くお礼を申し上げます。
第2弾となる今回は、コミュニケーションをとるうえで、「話し方」以上に大切な「聞き方」について書きました。早速、5万部を超えるヒットとなり、多くのみなさまに読んでいただけていることを、心からうれしく思います。
本記事では「嫌われる人の会議の発言」よくある7つのNGを紹介します。

あなたの「会議の発言」は大丈夫ですか?

『たった1分で会話が弾み、印象まで良くなる聞く力の教科書』は、早くも5万部のベストセラーになっている(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

社内・社外問わず、会社勤めだと「会議」は避けて通れないものです。

しかし、同じ「会議」でも、どんどん意見が飛び交う会議もあれば、意見がなさすぎて困り果ててしまう会議もありますよね。

ひたすら「自分の意見を押し通そうとする人」「他人の意見をさえぎって、自分の意見を言いたい人」がいるかと思えば、「○○さんと同じでーす」「特にありません」と、「いたって発言に消極的な人」「会議中、最初から最後までまったく発言しない人」まで、参加している人もさまざまです。

「自分はちゃんと会議で発言しているから大丈夫」と思っていても、実は「発言の中身」で周囲を不快にさせたり、「自分の評価」を下げていることも多いのです。

では、嫌われる人が言ってしまっている「会議の発言」とはどんなものなのか。ここでは、よくある7つのNGを紹介しましょう。

次ページ「さっきの話、聞いてた?」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
日本を動かす<br>地方の名門企業77

日本各地には、地元財界の顔として政治力・経済力をいかんなく発揮している企業がある。圧倒的な存在感とパワーを持つ名門企業の実態に迫り、今後の成長が期待できる地方発“次世代企業”を取り上げた。