S&Pとナスダック最高値、ハイテク株に買い

9月はダウ2.1%、S&P1.9%、ナスダック1.1%高

[29日 ロイター] - 米国株式市場で、ハイテク株などが買われるなか、S&P総合500種指数とナスダック総合指数が最高値を更新した。テクノロジー株指数<.SPLRCT>は0.75%上昇し、4日連続の値上がりとなった。

LPLフィナンシャル(ノースカロライナ州)のシニア市場ストラテジスト、ライアン・デトリック氏は「この日の取引は、いわば今月や今四半期の取引を象徴するもので、静かだった」と指摘。「9月は歴史的にみても非常に値動きが少なかった。値上がりバイアスがありながらも、どこかパッとしない取引だった」と振り返った。

月間では、ダウ平均が2.1%高、S&Pが1.9%高、ナスダックが1.1%高。四半期ではダウ平均が4.9%高、S&Pが4%高、ナスダックが5.8%高。ダウとS&Pは8四半期連続の値上がり、ナスダックも5四半期連続の上げとなった。

この日の経済指標では、8月の個人消費支出が前月比0.1%増にとどまったほか、9月のシカゴ購買部協会景気指数が予想外に上昇、同月のミシガン大消費者信頼感指数(確報値)は概ね予想通りだった。市場では引き続き12月の利上げを見込んでいる。

個別銘柄では、交流サイト大手のフェイスブック<FB.O>が1.3%高。

トランプ大統領がケビン・ウォルシュ元米連邦準備理事会(FRB)理事と会合し、次期FRB議長への指名の可能性について協議したと報じられたことを受け、金融株が一時的に値上がりした。トランプ氏はその後、FRB議長人事を巡り、これまで4回の面談を行い、今後2-3週間以内に決定すると語った。

食肉加工大手のタイソン・フーズ<TSN.N>が7.6%上昇し、S&Pの値上がり銘柄上位となった。牛肉事業の好調な業績を背景に、通期の調整後1株利益予想を5.20─5.30ドルに引き上げた。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では上げ銘柄が下げ銘柄を上回り、比率は1.50対1。ナスダックでは1.35対1で上げが下げを上回った。

米取引所の合算出来高は約60億1000万株。直近20営業日平均は62億5000万株。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 22405.09 +23.89 +0.11 22358.47 22405.63 22332.96 <.DJI>

前営業日終値 22381.20

ナスダック総合 6495.96 +42.51 +0.66 6461.28 6497.98 6454.86 <.IXIC>

前営業日終値 6453.45

S&P総合500種 2519.36 +9.30 +0.37 2509.96 2519.44 2507.99 <.SPX>

前営業日終値 2510.06

ダウ輸送株20種9914.35 +27.53 +0.28 <.DJT>

ダウ公共株15種 723.60 -0.19 -0.03 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1171.74 +10.05 +0.87 <.SOX>

VIX指数 9.51 -0.04 -0.42 <.VIX>

S&P一般消費財 717.47 +2.64 +0.37 <.SPLRCD>

S&P素材 356.15 -0.01 0.00 <.SPLRCM>

S&P工業 604.38 +1.71 +0.28 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 555.39 -0.59 -0.11 <.SPLRCS>

S&P金融 429.08 +1.42 +0.33 <.SPSY>

S&P不動産 199.20 +0.15 +0.07 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 506.72 -0.21 -0.04 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 946.31 +5.45 +0.58 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 162.37 +0.29 +0.18 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1018.15 +7.58 +0.75 <.SPLRCT>

S&P公益事業 268.97 -0.30 -0.11 <.SPLRCU>

NYSE出来高 9.36億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限ドル建て 20385 + 45 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 20350 + 10 大阪比 <0#NIY:>

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?