Facebookが打ち出すマーケティングの新潮流

モバイル時代の新しいマーケティングとは?

フェイスブック ジャパンのオフィスには、さまざまな標語が掲げられている(撮影:今 祥雄)

過去2回の記事は、人と人とのつながりの多様化や進化など、「生活者同士のコミュニケーション」がどのように変わるかという視点でお話をしてきましたが、今回は「生活者と企業のコミュニケーション」についてご説明します。

前回お話ししたとおり、現代は圧倒的にモバイル全盛の時代。スマホを使用する時間は、1日のメディア接触時間の中で4分の1に迫る勢いで、10年前に比べて8倍にもなっています。また、 Facebook月間利用者の実に9割以上がモバイルからのアクセスになっています。

この変化に合わせて、モバイル時代のマーケティングのあり方は大きな進化を遂げています。

親指を止めるクリエイティブ

スマートフォン上は、情報に溢れています。大切な友達の投稿、ニュース、そしてフォローしているグループの情報などなど……そしてその情報がスピード感を持って流れていく中、モバイルマーケティングで重要なのは「親指を止めるクリエイティブ」です。

親指を止めるクリエイティブとはどのようなものを指すのでしょうか?Facebookでは2つの要素が大切だと考えています。それは、1. 動画コンテンツをモバイルに最適化することと、2. 各利用者にとって関連度の高いコンテンツであることです。

次ページミュートで見ることを想定
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。