キリンが巨額買収--豪州乳製品市場を制覇

キリンが巨額買収--豪州乳製品市場を制覇

キリンホールディングスは、オーストラリアの乳製品市場で圧倒的シェアを手に入れる。子会社で乳業首位のナショナルフーズを通じ、2位のデアリーファーマーズを840億円で買収。これにより牛乳シェアは37%から62・5%に引き上げられる。ヨーグルトなど主要製品でも過半を握り、同国で圧倒的地位を築き上げる。

「キリンの歴史で最大規模」(キリンHDの加藤壹康社長)となる2980億円で、ナショナルフーズを買収したのは昨年11月。しかしナ社の足元の業績は振るわない。生乳など原料高が響き、今期の営業利益への貢献額は期初計画の29億円(のれん償却後)から一転、12億円のマイナスへ転落。今回の買収で原料調達は有利になり、流通への発言力も増す。総額3800億円を投じても、同国での基盤固めは必要不可欠だった。

日本国内では酒類・飲料事業の頭打ちが続く。キリンはアジア・オセアニアでの事業育成を模索中だ。今回もその足掛かりとなる。巨額買収の真価が試される。

(佐藤未来 =週刊東洋経済)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。