食品値上げは好機? ヨーカ堂が安売り業態に参入

食品値上げは好機? ヨーカ堂が安売り業態に参入

セブン&アイグループのイトーヨーカ堂は安売り業態に参入する。8月29日に都内の西新井店を業態転換し、ディスカウント店「ザ・プライス」を開店した。

ザ・プライスの目玉は、商品の8割を占める食料品。PB商品は扱わず、メーカー商品のみで勝負する。ヨーカ堂と別ルートで仕入れることで、1~3割ほど価格を抑える。その代わりアイテム数は1万6000点と半数に絞り、大量陳列で販売する。

生鮮食品も独自の仕入れルートを開拓する。野菜は契約農家から直送し、魚介類は卸売市場で直接買い付けて原価を低減。さらに正社員を半減させてパート社員を活用するなど、安売りに耐えるローコスト店舗を確立する。

実は、同社が安売り業態に乗り出すのは初めてではない。1990年代にも同じ店名でディスカウント店を展開した歴史がある。ただし当時は生鮮食品でなく、家電やブランド品を扱っていた。結局は4店舗にとどまり、2003年に撤退した経験を持つ。

ヨーカ堂の鈴木敏文会長も「高コスト体質の日本でディスカウント業態は根付かない」と持論を展開。子会社で安売り業態のダイクマも02年にヤマダ電機へ売却した。

一度は見切ったはずの安売りへ再参入--。大手食品メーカーも「安売りから一番縁遠い量販店なのに」と驚く。

食料品に狙いを絞る

背景には、消費者の購買行動の変化が影響している。昨年から続く食品の値上げで、節約志向は強まるばかり。ヨーカ堂も「生活応援価格」で価格据え置きを実施したが、対象になるのは一部商品のみ。そこで浮上したのが、安売り店への再参入だった。通常のディスカウント店は家電など耐久消費財が中心だが、ザ・プライスはあえて食料品に狙いを定めて差別化を図る戦略だ。

しかし、あるディスカウントストア幹部は「異業種も含め、多くの会社が低価格戦略に比重を移している。その中で独自性を打ち出せるかどうか疑問」と話す。さらに低原価の仕入れルートや物流など、独自のノウハウ確立も今後の課題となる。

ヨーカ堂は西新井店の成果を見極め、ザ・プライスを新規出店で育成する方針。しかし、安売り再参入のハードルは決して低くなさそうだ。

(田邉佳介 =週刊東洋経済)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。