アメリカの行く末を左右する孤立主義の本質

トランプのそれは建国の理念とは正反対だ

アメリカはどこへ向かおうとしているのか(写真:aksenovko / PIXTA)
9月19日の国連総会でのトランプ大統領の演説は、北朝鮮に対する挑発的な発言やイランへの名指しの批判、国連の問題点も指摘するなど、会場のみならず世界をざわつかせることとなりました。
そんなトランプ大統領のアメリカは「建国の理念と正反対になっている」と国際政治学者の中西輝政さんは言います(『アメリカ帝国衰亡論・序説』)。国内外が注目してやまない今のアメリカは、これからどこへ向かおうとしているのでしょうか。

トランプの孤立主義は、アメリカ建国の理念と正反対

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

2017年は、社会が変革し始め、世界史が曲がり角を迎えた1917年から100年目に当たります。

1917年にはどんな変革があったのでしょうか。

一つは、ロシア革命です。ロシアは、この革命によって300年続いたロマノフ王朝が倒れ、共産主義国家になりました。共産主義は圧倒的な勢力を広げ、世界を席巻するかに見えたのです。

ところが、同じ年、劇的なできごとがあって、世界史が大きく変わりました。それは、「パクス・アメリカーナ」の成立です。

具体的なできごとを挙げれば、ウィルソン大統領率いるアメリカがそれまでの国是を破り、第一次世界大戦に参戦したことです。

じつは、それまでのアメリカは建国以来、孤立主義、より正確には対外不介入政策が国是でした。それが、アメリカ合衆国ができあがってからの伝統だったのです。そしてウィルソンの第一次大戦への参戦から100年後の現在、トランプがやろうとしていることは、一見、この孤立主義に似ています。

次ページ似て非なるもの
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
どん底からの回復劇<br>マクドナルドの組織改革

2014~15年度に赤字に陥った日本マクドナルドHD。17年度は最高益の見通しだ。逆境下で指揮を執ったサラ・L・カサノバ社長に聞く。「きっかけは女性マネジャーからのメール」。