消費増税で政府に詰め寄る日銀

安倍首相の「最終判断」を前に、日銀が”警告”

(撮影:尾形 文繁)

「持続可能な財政構造を確立する取組みが、着実に進められることを強く期待する」――。直接口にはしなかったものの、日本銀行の黒田東彦総裁は5日の定例会見で、消費増税が予定通り行われるべきとの考えを強くにじませた。 

消費増税先送りの論議を強く牽制

日銀では政策委員の大勢見通しとして、2013年度の成長率をプラス2.8%、14年度をプラス1.3%、15年度はプラス1.5%としている。これは消費税が14年4月に8%、15年10月に10%と予定通り引き上げられることを前提にしており、「(所得増加から支出増加など)前向きな循環が維持され、潜在成長率を上回る成長を続ける可能性が高い」(黒田総裁)という見方だ。増税による景気腰折れを懸念し、14年4月の増税先送りを主張する向きもあるが、黒田総裁は「増税とデフレ脱却は両立する」と繰り返し述べている。

仮に消費増税が先送りされた場合、黒田総裁は、「影響を見通すことは難しい」としながらも、「財政運営に対する市場の信認をしっかりと確保する必要がある。それが失われると国として困難な状況に陥ることになりかねない。債券価格の下落(金利上昇)となった場合、できることは限られている」と述べた。要は、増税先送りで日本が信認を失い、国債が売りを浴びるような状況になれば、日銀としても手の施しようがないと言いたいわけだ。

次ページ一度失った信認は回復できない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
さまよう被災者<br>原発最後の選択

原発事故は多くの被災者を生み出した。故郷喪失、賠償打ち切りに直面する住民の苦悩は尽きない。追い打ちをかけるように、福島県の一部の畜産農家では乳牛の病死が相次いでいる。