「あと一歩足りない」、就活生の特徴は何か

「好き」をPR、専門職への固執・・・本当に必要?

あなたは3月1日からスタートダッシュできますか?(写真:msv / PIXTA)

2019年卒向けの企業の採用情報公開日は、2018年3月1日です。就職活動のスタートまであと半年を切りました。大学3年生の皆さん、就活への備えは始めていますか?

「3月になったら始めればいいんでしょ?」と構えている人は、ハードな就活を余儀なくされる可能性があります。「備えあれば憂いなし」は就活にも当てはまり、首尾よく進めるためには、本番開始の3月までの準備が肝心です。

3月解禁と同時に来る“クライマックス”

2018年卒業予定者の就職内定率は、かなりの高水準で推移していますが、これはあくまで平均の話。たとえば関西のある大学では、8月初旬時点で就活真っ盛りの学生が大半です。まだ一度も内定を得たことがない人も相当数いるということです。

そのほかの大学も含めて、さらに詳しく話を聞いていくと、「3月から流れに乗れた学生」と「乗れなかった学生」の違いが大きい、という実態が見えてきました。

2018年卒学生向けの採用活動スケジュールは、「採用情報公開が3月1日、面接選考解禁が6月1日」。企業にとっての採用広報期間は3カ月と限られていました。

その中で、より自社にふさわしい人材を確保するため、各企業が少しでも早く行動しようとした結果、会社説明会は3月上旬に集中し、エントリーシート(ES)の提出締め切りは3月末日がピークに。そして4月に適性検査の実施が相次ぐなど、「3~4月」にさまざまな活動が集中したのです。

「3月に入ってから就活準備をしよう」と考えていた先輩たちは、自己分析も企業研究も不十分なまま、突然、さまざまな活動にのまれてしまい、流れに乗りづらかったことでしょう。

次ページこれがダメな自己PRの典型だ!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。