中国の大型書店「方所」が注目を集める理由

知識欲がビジネスチャンスになっている

2015年にオープンした「方所」の成都店。系列中最大規模で、建築雑誌『ARCHITECTURAL DIGEST』において「世界で最も美しい書店14選」に選ばれるなど、デザイン性でも群を抜く(筆者撮影)
世界11の国と地域から書店経営者を招き、書店と都市の未来を話し合う「成都国際書店論壇(成都国際書店フォーラム)」が9月上旬の3日間、中国内陸部の四川省成都市で開催された。
主催は毛継鴻(Mao Jihong)氏が手掛ける大型書店・方所(Fang Suo Commune)。同店は広州発の高級ファッションブランド「例外(Exception)」の創業者として名を馳せる毛氏が、別途経営する広東方所文化投資発展有限公司の傘下にある。台湾の「誠品書店」、日本の「蔦屋書店」と並ぶ人気の大型書店チェーン・方所について、創業者へのインタビューを交えて紹介していきたい。

多彩な顔ぶれがそろった国際書店フォーラム

方所成都店イベントスペースで開かれた国際書店フォーラム。廖美立氏、香港のクリエーティブディレクター・黄炳培氏らも迎え、立ち見が出る盛況ぶり(方所提供)

2016年に続き2回目となる「国際書店論壇(国際書店フォーラム)」の会場となった「方所」成都店は、東京でいえば銀座に当たる春熙路エリアに位置する。

ゲストはグローバル情報誌『モノクル』アジア地域編集長ジェームス・チャンバース氏、南京市の著名書店チェーン「先鋒書店」の創業者・銭曉華氏ほか、フランス書店協会会長、イタリアの出版社兼書店チェーン「Feltrinelli(フェルトリネッリ)」最高執行責任者、米ロサンゼルスの本屋「The Last Bookstore(ザ・ラスト・ブックストア)」店長など、多彩な顔ぶれ。日本からは東京・下北沢で本屋「B&B」を経営するブックコーディネーター・内沼晋太郎氏が参加していた。

同時通訳を介し意見交換をするゲスト。(左から)台北の古書店「旧香居」オーナー呉雅恵氏、東京「B&B」共同経営者・内沼晋太郎氏、豪ブリスベンの新刊書店「Avid reader」創立者フィオーナ・ステージャー氏(方所提供)

方所スタッフは半年前から準備を重ねており、笑顔の中にも緊張感が漂っていた。

開幕式には成都市政府の担当者も出席し、1000カ所に上る書店の新規出店を支援する「西部文創中心建設行動計画」などを通じて文化事業に注力する考えを強調した。続いて行われた計5回の公開討論では、ゲストたちが壇上で書店経営について意見を交わした。一般客だけでなく新疆ウイグル地区や西安市など遠方からも書店・出版関係者が駆け付け、連日の盛況となった。

次ページ流行を担う新形態の書店から
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。