日経平均は3週間ぶりに1万4000円回復

円安に振れ後場に上げに転換し3日続伸

4日の東京株式市場は3日続伸した。日経平均株価は前日比75円43銭高の1万4053円87銭、TOPIXは同7.12ポイント高の1156.30となった。東証1部概算の出来高は22億6824万株、売買代金は1兆7881億円となった。日経平均が終値で1万4000円を回復したのは、8月14日以来3週間ぶりとなる。

本日午前の東京市場は前日終値比103円安で寄り付いた。前日までの2日間で589円と大幅上昇となったうえ心理的フシ目の1万4000円を目前にして、円安一服もあり主力株を中心にいったん利益を確定しようという動きが強く、前場は結局106円安で引けた。

昼のバスケットは約451億円が成立、「売り買い均衡」と伝えられ、市場への影響は軽微だった。

後場は前日終値比92円安の1万3885円、前引け比では13円高でスタート。アジア主要国の株価は総じて軟調だったが、一部にプラスに転じる動きが出た。為替も対ドル、対ユーロでやや円安に振れたことも追い風となり、先物に断続的に小口の買いが入って現物が引っ張られる形で14時近くには前日比プラスに浮上、14時直後には1万4000円台を奪回した。その後も戻り売りをこなしつつ上昇を続け、14時54分には78円高の1万4056円と今日の最高値をつけた。結局75円高の高値圏引けで今日の取引を終えた。

東証33業種のうち上昇は27業種、下落は6業種だった。上昇業種では2.62%アップの海運を筆頭に証券、不動産、鉄鋼と続いた。下落では精密機器、保険などの順だった。東証1部の値上がり銘柄数は全体の58%の1019、値下がりは同34%の589銘柄だった。変わらずは145銘柄。

個別銘柄では大幅下落した反動で戻した新日本科学、業績上方修正が伝えられた稲葉製作所の上昇が目立った。英国当局の訴追の報道があったオリンパスは値を下げた。

週末には2020年のオリンピック開催地の決定、米国の金融緩和(QE3)の縮小開始時期を決定するうえで重要な判断材料視される、米国の8月の雇用統計発表などのビッグイベントが待ち構える。明日以降も基本的に市場は様子見相場の様相が続く可能性が強そうだが、為替、先物、アジアの動向には引き続き注意が必要。

今日明日開催の日本銀行の金融政策決定会合でなんらかの追加緩和策などが出てくるかどうか、出来高など市場のエネルギーが回復してくるかも、今後の本格上昇相場への足場を築くことができるかを見極めるうえで、注目をしたい。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。