米国株、NYダウなど3指数が終値で最高値

アップル株は「iPhoneX価格高すぎ」で下落

 9月13日、米国株式市場は小幅続伸し、主要3指数がそろって終値での最高値を更新した。写真はNY証券取引所のトレーダー、6日撮影(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨ-ク 13日 ロイター] - 米国株式市場は小幅続伸し、主要3指数がそろって終値での最高値を更新した。アップルの下落が重しとなったが、一般消費財関連やエネルギー株の上昇がこれを相殺した。

アップル<AAPL.O>は0.8%安。前日に発表した新型スマートフォン(スマホ)「iPhoneX」について、価格が高過ぎるほか、発売日が予想より遅いとの懸念から売られた。

エネルギー株は、国際エネルギー機関(IEA)が世界の過剰原油在庫は縮小し始めていると指摘したことを手掛かりに上昇した。

S&P総合500種の年初来上昇率は11.6%。予想株価収益率は17.6倍で、トムソン・ロイター・データストリームによると、過去10年平均の14.3倍を上回っている。

ブンダーリッヒ証券のチーフマーケットストラテジスト、アート・ホーガン氏は「アップルに関してはかなり期待が高まっていた」として、「事実で売られた面がある程度あっただろう」と述べた。

信用調査会社エクイファックス<EFX.N>は14.6%急落し、過去1年半余りでの最安値を付けた。ハッカー攻撃によって大量の顧客情報が流出した可能性がある問題で、リチャード・スミス最高経営責任者(CEO)が謝罪したものの、投資家の懸念を払しょくするには至らなかった。

小売り大手ターゲット<TGT.N>は2.8%高。今年の年末商戦に向け、前年を43%上回る約10万人を採用すると発表したことが手掛かりとなった。

高級百貨店ノードストローム<JWN.N>は6%上昇。創業一族が株式非公開化のパートナーとしてプライベートエクイティ(PE)のレオナルド・グリーン・アンド・パートナーズを選んだ。

このほか、シェブロン<CVX.N>は1.5%高、米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>は1.7%高となった。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では上げ銘柄が下げ銘柄を上回り、比率は1.10対1だった。ナスダックでも1.20対1で上げが下げを上回った。

米取引所の合算出来高は約62億株で、直近20営業日平均の58億株を上回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種22158.18 +39.32 +0.18 22103.47 22158.18 22095.79 <.DJI>

前営業日終値 22118.86

ナスダック総合 6460.19 +5.91 +0.09 6440.72 6460.42 6433.20 <.IXIC>

前営業日終値 6454.28

S&P総合500種2498.37 +1.89 +0.08 2493.89 2498.37 2492.14 <.SPX>

前営業日終値 2496.48

ダウ輸送株20種 9531.05 -13.50 -0.14 <.DJT>

ダウ公共株15種 738.71 -3.41 -0.46 <.DJU>

フィラデルフィア半導体 1122.04 +1.84 +0.16 <.SOX>

VIX指数 10.50 -0.08 -0.76 <.VIX>

S&P一般消費財 719.79 +5.13 +0.72 <.SPLRCD>

S&P素材 350.49 -0.15 -0.04 <.SPLRCM>

S&P工業 586.76 -0.77 -0.13 <.SPLRCI>

S&P主要消費財 569.63 +0.41 +0.07 <.SPLRCS>

S&P金融 411.29 +0.88 +0.21 <.SPSY>

S&P不動産 202.68 -0.82 -0.41 <.SPLRCREC>

S&Pエネルギー 484.63 +5.93 +1.24 <.SPNY>

S&Pヘルスケア 958.27 -3.45 -0.36 <.SPXHC>

S&P電気通信サービス 153.57 +1.14 +0.75 <.SPLRCL>

S&P情報技術 1015.68 -1.61 -0.16 <.SPLRCT>

S&P公益事業 275.22 -1.47 -0.53 <.SPLRCU>

NYSE出来高 8.24億株 <.AD.N>

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 19790 + 100 大阪比 <0#NK:>

シカゴ日経先物12月限 円建て 19745 + 55 大阪比 <0#NIY:>

 

イターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。