iPhone Xが「記念碑的モデル」といえるワケ

「未来へつながる道」を指し示している

かつてのmacOSにならってXをギリシャ文字に見立て「テン」と読ませる。そしてiPhone 7の後継モデルとして機能性能を向上させたiPhone 8およびiPhone 8 Plusの2ラインだ。

iPhone Xとの主な違いはディスプレーのサイズ、形状と方式、それにFace IDと呼ばれる顔による個人認証システムの有無、Animojiと名付けられた使い手の顔の表情を読み取って作れるアニメーション文字の有無などだが、これらはiPhone X進化の極めて表面的な部分に過ぎない。

iPhone Xの本質は、最新技術で改善したOLED(有機EL)ディスプレーやベゼルレスデザインなどだけにとどまるものではなく、顔の形状を認識する最新のセンシング技術を盛り込み、それを第三者のアプリケーションにも解放したこと。それにニューラルネットワークエンジンをハードウェアとして組み込んだ点などにある。

これらは基本ソフトであるiOSに施されてきたアップデートとも密接に関連し、今後、iPhoneが進化する方向性を示していると言えそうだ。その点については詳報で別途お伝えしていくことにするとして、本稿では製品としての機能について紹介する。

3世代目となるApple Watchの特徴は?

Apple Watchの予約開始は9月15日、発売は9月22日。LTE搭載モデルは4万5800円~(筆者撮影)

iPhone以外に発表された2つの製品についても触れておこう。

まずはApple Watch。LTEによる通信機能を搭載する3世代目となる「Apple Watch Series 3」だ。この新モデル発表と同時にApple PayやGPSを内包していたSeries 2は、Series 3のLTE非搭載版に置き換えられ、よりシンプルなオリジナルのSeries 1が低価格モデル(2万7800円~)として継続されることも明らかにした。

単独で通信機能を持つため、スマートフォンを持っては行けないような場所……たとえばマリンスポーツなどでもあらゆる情報をやり取りできるほか、単体での動作性能を向上させるために内蔵プロセッサーやWiFi機能を強化している。またApple Musicを携帯電話回線経由で利用できるのもスポーツファンにはうれしいはずだ。

次ページ格安SIMでは当面利用できない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。