さい帯血、契約切れ2100人分を廃棄せず保管

違法投与したとして医師ら逮捕の事件で調査

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

さい帯血を違法投与したとして医師らが逮捕された事件を受け、厚生労働省が民間のさい帯血バンクの実態調査を行った結果、全国5つのバンクで2100人分のさい帯血が保管契約の終了後にも廃棄されずに保管されていたことがわかった。

先月、倒産した民間バンクから流出したさい帯血を美容目的などで違法に他人に投与したとして医師らが逮捕された事件を受け、厚労省は民間のさい帯血バンクなどの実態調査を行った。

その結果、民間のバンク5社であわせて約4万3700人のさい帯血が保管されていて、この他に約2100人分は依頼者との保管契約が終了した後も廃棄されずに保管されていたことがわかった。

民間バンクに規制はないが、厚労省は、事件の再発を防ぐため業務内容などを届け出るよう求める通知を出した。

日テレニュース24の関連記事
北への新制裁決議 中露に配慮“妥協案”へ
Jアラート ドコモ利用者一部に届かず
佳子さまイギリス留学へ 笑顔で出発
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。