米の鉄道財政難「NY駅緊急工事」で浮き彫りに

保線できずトラブル続発、政権は無反応

ペンステーションに停車中のアムトラックの列車(写真:KEI / PIXTA)

2017年5月2日、全米で長距離特急列車を運行しているアムトラック(全米鉄道旅客公社)は、ニューヨークにおけるターミナル駅である「ペンステーション(ペン駅)」の構内で、大規模な補修を実施すると発表した。全部で21番線まである同駅のうち、9番線から14番線までの6線について全面的な保線工事を行うということで、工期は7月7日から8月28日と決まった。

この工事だが、すでに期間内に終了しており、9月2日から4日の「レーバーデー」3連休明けとなる9月5日からは、アムトラックだけでなく、この駅を共用している郊外鉄道の「ロングアイランド鉄道(LIRR)」も「ニュージャージートランジット(NJT)」も正常ダイヤに復帰した。

工事は無事完了したものの…

アメリカの公共工事にしては珍しく期間内に完了したわけで、「メデタシ・メデタシ」と言いたいところだが、そうはいかない。この工事の行われた経緯、そして工事を行ったアムトラックが抱えている問題は、アメリカの鉄道事情の負の側面を浮き彫りにしているからだ。

まず、この「ペン駅」だが、その名のとおり、もともとはかつて全米最強の鉄道会社といわれた「ペンシルベニア鉄道(PRR)」がターミナルとして建設したものだった。初期のPRRはワシントンDCからペンシルベニア州を経由してNYに至る路線の最後はハドソン川をフェリーで渡していたが、1910年の時点で川底にトンネルを掘ってNYに乗り入れた。その際に建設したのがこの「ペン駅」である。

次ページアムトラックと郊外鉄道の大ターミナル
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。