東京で車いすの不便さをトコトン考えてみる

恵比寿の街で健常者が実際に試してみた

車いすに乗って恵比寿の街を散策してわかったこととは
さまざまな社会問題と向き合うNPOやNGOなど、公益事業者の現場に焦点を当てた専門メディア「GARDEN」と「東洋経済オンライン」がコラボ。日々のニュースに埋もれてしまいがちな国内外の多様な問題を掘り起こし、草の根的に支援策を実行し続ける公益事業者たちの活動から、社会を前進させるアイデアを探っていく。
「恵比寿新聞」編集長でGARDENジャーナリストのタカハシケンジさんと、GARDEN代表の堀潤が主宰する「NPO法人8bitNews」が、これまで1年以上にわたり共同で開催してきたイベントがあります。「伝える人になろう講座」です。
8月に行われた「伝える人になろう講座」のテーマは、「“補助犬を知っていますか?”」。事前のロケで、「恵比寿UD(ユニバーサルデザイン)チェック」を行いました。「恵比寿は車いすユーザーにとって優しい街か?」を検証しています。

 

「恵比寿は車いすユーザーにとって優しい街か?」

本記事はGARDEN Journarism(運営会社:株式会社GARDEN)の提供記事です

恵比寿新聞編集長のタカハシです。今回の記事は長いですよ。何不自由なく生活している健常者である私たちにとって「障がいのある方」の生活はなかなかイメージしづらいですよね。

毎日恵比寿の街を歩いていて障がい者にとって便利? 不便? など考えて歩いたことはほぼ100%なかった自分が今回あることを体験したことで視点や考え方や多様性についてとても考えさせられる良い経験になりました。なので皆さんにシェアしたくて今回まじめに記事を書いています。

きっかけは恵比寿に事務所を置くマイメンのジャーナリスト堀潤さんと続けている受信・発信・学習・支援を学ぶ「伝える人になろう講座」の8月のテーマ“補助犬を知っていますか?”でのロケでした。「恵比寿は車いすユーザーにとって優しい街か?」 わたくし恵比寿新聞が車いすに乗って恵比寿を回って感じたことを取材するというものでした。わが街恵比寿は大丈夫か!?

一番手前で被写体がいないところにピントを合わせている方が微笑み王子こと堀潤さん。右から桃屋の「ごはんですよ」のキャラクターに似た方がamuの千々和さん。真ん中にいらっしゃるのは今回のアドバイザーNPO法人 日本補助犬情報センターの橋爪さん。そして一番左にいるイケメンが僕です。この4人で、恵比寿は車いすユーザーにとって優しい街なのか?という検証取材を開始。まずは恵比寿駅から出発することになりました。

初めて「車いす」に乗って気づいたこと

まずは基本的な操作を日本補助犬情報センター橋爪さんに教えてもらうことに。

橋爪さんの活動は補助犬の活動の理解と普及を目指すNPO法人。今回は「補助犬」ではなく「車いす」を使って気づいた点についてアドバイスや解説をお願いいたしました。母のように使い方を教えてくださいました。ママ~!

次ページまず乗ってみた感想は
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?