堀江貴文氏が考える「余った刑務所の使い道」

「世界最高のサバゲーホテル」もありか?

馬場:行政の人にしてみれば、「じゃあ、どういうプロセスでやればいいのか」となると思う。彼らは今までの公募のやり方しか知らない。だから、「こういう入札の方法が、あるじゃない!」と提案してあげることが重要だと思う。

「サバゲーホテル」vs.「アーティスト向け」

野尻佳孝氏「旧奈良少年刑務所を、世界のサバイバルゲームの聖地に。『サバゲー』というコンテンツで集客し、宿泊と飲食で儲ける。奈良はホテルが足りないから観光客が少ないのではない」(写真:パブリック・アライアンス事務局提供)

野尻:ところでこの旧奈良少年刑務所だけど、堀江さん、ここを「サバゲーホテル」にするっていうのはどうですか? つまり、世界を代表するサバイバルゲームの聖地にするというのは。

なぜこんなことを言うかというと、奈良県では奈良公園内に高級ホテルをつくろうとして、大手デベロッパーが優先交渉権を獲得したんだけれど、住民から反対運動が起きたりして、スムーズに行っているとはいいがたい。これも、奈良県がホテル主体の開発にしちゃったから無理があったんだと思うんです。

木下:奈良県には「もっと観光振興しよう」という政策的方向性がもともとある。一方で「奈良にはパッとしたホテルがないので宿泊する人が少ない」と言われていた。そこで「奈良公園の県有地にホテルを誘致しよう」という流れになったんですね。

野尻:調べたんだけれど、奈良にはホテルが少ないから観光客があまり来ないというわけじゃないんです。問題は、奈良に行く動機が少ないからなんです。観光振興をしたいのなら、まずはニッチな観光資源をつくるべき。観光資源がないのに、ホテルをつくってもしょうがない。刑務所をサバゲーホテルにしようというのも、そういう狙いからです。

堀江:僕はサバゲーをやっているけど、そんなに儲かるようなものじゃないですよ。

野尻:サバゲーというコンテンツで集客し、宿泊と飲食で儲けるんです。

堀江:そういう仕組みなら、ありかもしれない。

野尻:寝ている間に襲われちゃうとか(笑)。それくらい本格的なサバゲーだってできる。

木下:ホテルは泊まる動機がないと難しいんですよね。特に奈良だと、大阪まで出て、そっちで泊まったほうが面白いとなっちゃう。

堀江:この奈良の刑務所を、いまのままホテルにするのは正直、きついと思うんですよね。

木下:仕様書を見ても、なんとなく「泊まれる刑務所」ということに酔っている感はありますね。

堀江:「泊まる」より、「住む」ほうが面白いんじゃないかなと思う。緑も豊かだし。

野尻:クリエーターが集まりそうだよね。

堀江:アーティスト向けのシェアオフィス、シェアハウス的なものになると面白いかも。

堀江氏は「緑も豊かだから、泊まるより、住むほうが面白いかも。アーティスト向けのシェアオフィス、シェアハウス的なものになると面白い」と提案(写真:パブリック・アライアンス事務局提供)

木下:大きな音を出すアーティストなんかには、最適の場所ですよね。いま「刑務所からホテル」という流れができつつあるけれど、もっと発想を広げて考えていかないといけないですよね。

野尻:うわさでは、刑務所をホテルにという計画が日本では10くらいあるといいますね。でも全部ホテルにするのはあまりに安易ですよね。

本記事は「第6回パブリック・アライアンス・トーク」のライブを基に再構成したものです。なお第9回は9月29日(金)に開催。ゲストはインテリアショップFrancfranc(フランフラン)の高島郁夫社長の予定です。詳しくはこちらをご覧ください(有料で参加可能です)。施設のリノベーションなど、パブリック・アライアンスへのお問い合わせはこちら
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。