インスタに思わず出るあなたの「精神状態」

何気なく投稿しているかもしれないが…

SNSにアップする写真は、あなたの精神状態を映し出しているのかもしれない(写真:Kostiantyn Postumitenko / PIXTA)

あなたがネットでシェアする写真は多くを物語る。自己表現の一つや旅行の記録にもなれば、あなたの暮らしぶりや変わった癖を反映したりもする。しかし、それらの写真はあなたが認識している以上のものを示しているかもしれない。ネットでシェアする写真は、あなたの精神状態を表している可能性があるとする研究結果が発表されたのだ。

『EPJデータサイエンス』誌に発表された研究によると、写真の色や映っている人の顔、画像補正に至るまで、うつ病歴のあるインスタグラムのユーザーが投稿する写真には病歴のないユーザーとは異なる特徴があるという。

彩度を下げた暗めの写真が多い人は…

ハーバード大学の博士研究員で、バーモント大学のクリストファー・ダンフォース教授と論文を共著したアンドリュー・リースは、「平均的にうつ病歴のある対象者は健康的な人よりも、ピクセル単位でより青く、よりグレーで、より暗い写真を投稿する傾向があった」と言う。

リースとダンフォースは、過去にうつ病と診断されたことがあるかどうかによって、対象者を「うつ状態にある」もしくは「健康的」とした。そして機械学習ツールを使って彼らが投稿した写真に見られる傾向を分析し、写真によってうつの兆候を発見するモデルの開発を試みた。

結果、うつ状態にあるユーザーは健康的なユーザーよりも、写真を投稿する前に明るさや色を変えることができるフィルター機能を使用する頻度が少ないことがわかった。うつ状態にあるユーザーがフィルターを使用する際には、写真の彩度を落としてモノクロ風にできる「Inkwell(インクウェル)」という機能を選ぶ傾向があった。

次ページ健康的なユーザーがよく使うフィルターは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。