大人サーフィン初心者は「ギア」にこだわろう

「初心者上手なオッサン」になるための秘訣

次に大事なのはウェットスーツ。

夏の暑い時期はサーフショーツだけでいいんじゃないの? と思いがちだが最初は日焼け対策、そしてボードとの擦れ防止にウェットスーツはマスト。夏の時期はタッパーと呼ばれる長袖のジャケットタイプのものでOK。こちらの一枚は腕の部分はラッシュガードに使われる薄手の素材でボディの部分がウェット素材という動きやすい優れもの。

本気でサーフィンを続ける気になってきたら長袖長ズボンのフルスーツを。こちらは厚みが3mmのもの。冬以外はこの一着で大丈夫。

タッパー 1万6740円(税込)/グレアー

ビーサンは何かあっても落ち込まない物を

そして忘れてはいけないビーチサンダル。

オーシャンズ読者の皆様は持っている方も多いとは思うが、サーフィンの際はビーサンだけは浜に置き去りにしなくてはならない。海がそんな所だとは思いたくはないが、何かあってもそこまで落ち込みの激しくないものを履くのがおすすめ。

ビーチサンダル 1500(税抜)円/ビラボン
次ページやっぱり欲しいマイボード!最初の一本は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。