LIXIL、大型買収でまずは北米攻略

国内はエディオンへ出資も、シャープ支援は否定

LIXILグループとアメリカンスタンダード(ASB)の共同記者会見に臨んだ両社首脳。左から、藤森義明・LIXIL社長、ジェイ・ゴールドASB社長、井植敏雅・LIXIL副社長(グローバルカンパニー社長)

シャープ支援問題や、家電量販大手・エディオンとの資本業務提携発表などで注目される、住宅設備国内最大手のLIXILグループ。同社は米国での大型買収が成立したことを受けて、その狙いと詳細をあらためて明らかにした。

北米の衛生陶器首位を531億円で買収

LIXILグループは、北米最大の衛生陶器メーカーであるアメリカンスタンダード(ASB、本社・米国ニュージャージー州)を8月20日付で完全子会社化し、28日に東京都内で発表会見を行った。

ASBの買収額は負債の引き継ぎ分も含め約531億円(1ドル=98円換算)。LIXILにとっては、2011年に約600億円で買収した、イタリアのカーテンウォール(建材の一種)世界最大手、ペルマスティリーザに次ぐ大型買収となる。

LIXILは、「住生活産業におけるグローバルリーダーとなる」ことを経営ビジョンに、売上高3兆円(うち海外1兆円)、営業利益率8%を中期的な目標として掲げている。その実現に向けて、海外の新たな市場への進出は重要戦略の一つだ。

LIXILの2012年度の海外売上高は2051億円であり、営業利益率は1%にすぎない。藤森義明社長は、「先に買収したアメリカンスタンダードのアジア太平洋部門(09年買収)とペルマスティリーザを核として、15年度までに、海外売上高は3000億円を超える水準に拡大する見通し。そこに今回の買収が加わることで、4000億~4500億円が視野に入ってきた」と説明する。

LIXILとしては、さらなる買収機会の物色をする一方、買収した会社の成長力を引き出し、既存事業とのシナジーを高めることも課題だ。

次ページASB買収でまずは北米・南米攻略
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。