景気減速下でも、中国高級車は今年2ケタ成長

独メルセデス・ベンツの中国販売責任者が自信

8月30日、ドイツ自動車大手ダイムラーの高級車メルセデス・ベンツ部門の中国販売責任者、ニコラス・スピークス氏は、中国高級車市場について今年2桁台の成長を見込んでいると述べた。昨年9月撮影(2013年 ロイター/Jacky Naegelen)

[成都 30日 ロイター] - ドイツ自動車大手ダイムラーの高級車メルセデス・ベンツ部門の中国販売責任者、ニコラス・スピークス氏は30日、中国高級車市場について今年2桁台の成長を見込んでいると述べ、メルセデス販売網を小都市に拡大する意向を示した。

スピークスによると、メルセデスは今年、新たな販売店を75店開設し、そのうちほぼ半数は小都市に開く予定。

同氏は記者団に対し、「われわれは主要な競合相手に、販売店開設の面で、少し出遅れている。過去にわれわれは北京や上海などに力をいれてきたが、ディーラー網を拡大する必要を認識している」と語った。

スピークス氏は、中国の今年の全体の自動車需要は前年比で約10%増加する見通しだとしながら、「高級自動車市場はそれを超すとわたしは考えている。2桁成長となるだろう」と述べた。

詳しい数字を聞かれると、13─15%程度の成長だと語った。

ダイムラーは今後2年で中国に20億ユーロ(26億7000万ドル)を投資する戦略を公表しており、メルセデス網の拡大はこの戦略の根幹をなす。

メルセデス・ベンツ部門による中国での自動車販売は、今年の見通しである23万台から、2015年までに30万台超に引き上げることを目指している。この目標が実現されれば、メルセデスにとって中国は世界で最大の市場となる。現在は、ドイツ、米国に次いで3番目となっている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
J.フロントの財務改革<br>「店舗BS」の威力

「店舗BS(バランスシート)」を導入し、傘下の大丸、松坂屋で改革を進めるJ.フロント。不動産事業強化で「脱百貨店経営」に突き進む。山本社長は「大転換期。資産効率を高める」と語る。