凱旋門賞制覇へ!理と情熱のホースマン

新世代リーダー 池江 泰寿 JRA調教師

池江 泰寿
JRA 調教師
池江 泰寿
1969年1月13日生まれ。44歳。京都府出身。東山高校を経て同志社大学卒業。93年競馬学校厩務員課程、同年浅見国一厩舎所属の調教厩務員、調教助手。94年父親である池江泰郎厩舎へ移籍。95年~96年までM・スタウト師(英国)、その後N・ドライスデール師(米国)のもとで調教助手。03年調教師免許取得、04年開業。12年最多賞金獲得調教師など、表彰多数。11年にはオルフェーヴルを3歳クラシック三冠+有馬記念の四冠馬に導く。12年、同馬で世界最高峰の競走馬レース凱旋門賞で2着。通算成績は2302回出走、370勝(9月9日現在、JRA主催成績のみ)
競馬界の事実上の世界一決定戦、凱旋門賞(2400メートル、仏ロンシャン競馬場)。10月6日、日本人調教師として初優勝を狙うのが池江泰寿(44)だ。現役日本最強馬オルフェーヴル(牡5歳)と、2年連続での挑戦。日本を代表し、世界屈指のトレーナーとなった泰寿が、ここに至るまでにはどんな道があったのか。また、今後、何を目指すのか(敬称略)。

5歳から始まったキャリア

「僕のキャリアは5歳で始まったんです」。

生まれた時から、調教師としての活躍が約束されていたわけではない。だが、泰寿にとって、競馬は幼いときから極めて自然なものだった。父・泰郎(72)は、泰寿が小学校の中学年になるまでは、現役バリバリのジョッキー。その後は調教師として、日本最強馬といってよいディープインパクトを育てるなど、輝かしい業績をうちたてた(2011年2月に調教師生活を引退)。

すでに泰寿は、5歳の頃には滋賀・栗東の厩舎(トレーニングセンター)に出入りしていたという。知る人ぞ知る話だが、これまた、今の競馬界を代表する武豊騎手とは、実は保育園時代からの幼なじみだ。子供ながらにして、いつも競馬の話で盛り上がっていた。武豊がレース展開の話が好きだったのに対して、泰寿は「血統などの話をするのが好きな『競馬オタク』だった」という。

次ページいったん、調教師になることを諦めた中学時代
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
アップルペイ上陸!<br>電子決済に激震

9月16日に発売されたiPhone 7で注目されるのは、決済サービス「アップルペイ」。FeliCa搭載の日本独自仕様端末を投入してきた。電子決済市場がにわかにざわつき始めている。

  • 新刊
  • ランキング