「マナーの悪い外国人観光客」を冷静に考える

「観光税」と「行政対応」のセットで対処しよう

これまで、日本には住民のためのルールしかありませんでした。その中で、外国人観光客から見て守りにくいものがあるのなら、そのルールを「調整」する必要があります。もしそのような新しいルールを作るのなら、それを守らせるため、日本を訪れる外国人に周知徹底して、それを守らない人を罰すればいいだけの話なのです。

整備のために「観光税」を徴収しよう

こまで見てきたように、「マナーが悪い」にはさまざまな要因があり、すべてが外国人の問題ではありません。

どのようなルールが守られていないかを調査して、それが「守れるはずのないルール」なら調整する必要があります。

守れるはずなのに守られていないなら、既存のルールをしっかりと周知するべきでしょう。ルールを知らない外国人観光客に責任があるというのはあまりに心が狭いですし、そういった人を「マナーが悪い」とは言いません。外国人を誘致したのにルールを周知していないことが問題でしょう。

さらに、そもそも外国人観光客は住民ではありません。日本を楽しむために来ているのですし、おカネを落としてくれるのですから、絶対に守ってほしいルールは何で、守られなくても我慢できるルールは何かを考える価値もあります。

そのうえで、どうしても破ってはいけないルール違反については、警察などの出番となります。

しかし、その一方で、これらの対応を行うにはおカネがかかるという問題があります。

住民の立場からすれば、外国人観光客の対策を納税者の負担で行うのはいかがなものかというのが正直な気持ちでしょう。自分たちで納めた税金が、地域におカネを落としてくれるとはいえ、日本にわずかしか滞在しない外国人のために費やされることに抵抗を感じる人も多いでしょう。

そこで重要になってくるのが、「観光税」という考え方です。

多くの国では、行政が呼んだ外国人観光客に伴うマイナス部分への対処のため、ホテルの宿泊税などを課しています。諸外国で一般的なのはホテル税ですが、出入国税もあります。やはり、外国人に金銭を払ってもらうのが大事です。

これまでの記事でも繰り返し述べてきましたが、観光は「産業」ですので、そこにおカネというメリットが伴わないで、ただ大きな負担を強いられるものであれば、当然のように住民から「反発」が起こります

だからこそ、観光業者がサービスに見合うだけの価格を観光客へ求めていくのと同時に、行政も負担を軽減するための税金を課すべきなのです。

税金を課して、外国人のためのゴミ箱の設置やゴミの収集、ベンチの設置などさまざまな整備を行うと聞くと、反発される方もいらっしゃるでしょうが、そのような整備を「外国人のため」と思わなくてもよいのです。

外国人、日本人、と利用者を限定するのではなく、日本という国がもっと快適で、より過ごしやすい国になっていくための整備であって、そのためのおカネを「観光」が賄っている。そのような考え方は、これからの日本で必要になってくるのではないでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。