「電波少年の土屋P」60歳で映画初挑戦の狙い

なぜいま「欽ちゃん」なのか

”Tプロデューサー”こと土屋敏男さんが、「師匠」と敬愛する萩本欽一さんのドキュメンタリー映画を創った理由とは…?(筆者撮影)
今の30代以上の世代なら「進め!電波少年」という、1990年代に日本テレビで放送されたバラエティ番組を知る人は多いだろう。番組を見ていなかった人でも、猿岩石にユーラシア大陸をヒッチハイクで横断させた番組といえば、わかるのではないか。
同番組を見ていたならば、番組内に登場していた”Tプロデューサー”こと土屋敏男さんを記憶している人も多いだろう。電波少年シリーズや「ウッチャンナンチャンのウリナリ!!」をヒットさせ、バラエティ番組の一時代を築いた人物だ。
土屋さんは1956年生まれ。昨年、還暦を迎えたが、今、新たに挑戦していることがある。それが、土屋さんが「師匠」と仰ぐ、“欽ちゃん”こと萩本欽一さんにフォーカスしたドキュメンタリー映画『We Love Television?』の制作だ。
あのTプロデューサーがつくる映画とはどのようなものなのか、また、なぜ、テレビの一時代を築いた男が、今、「映画」に挑戦するのか、土屋さん本人に取材した。

きっかけは、あるテレビ番組

今回の映画を撮るきっかけになったのは、2011年7月に放送された、ある番組だという。2011年といえば東日本大震災の年だが、テレビ界も地上アナログ放送が終了し、デジタル放送に完全移行する大きな節目の年だった。

このテレビ界の節目に、日テレでも2時間枠の特番を放送することになり、そこで土屋さんが企画したのが、テレビのプロたちにとって、永遠のテーマである「視聴率」の謎を解き明かすというものだった。高視聴率の番組というのは、どうすれば作れるのかというのは、土屋さんをもってしても、いまだにブラックボックスだという。

そこで白羽の矢を立てたのが、土屋さんが「師匠」と敬愛する萩本欽一さんだ。欽ちゃんといえば、1980年代に、「欽ドン!」をはじめ、3本のレギュラー番組を企画・出演し、すべてが視聴率30%以上を記録。3本の番組の視聴率の合計が100%を越えたことから“視聴率100%男”の異名を持つ、テレビ界のレジェンドだ。萩本さんに番組作りを依頼し、その制作過程を克明に記録すれば、テレビ界における積年の謎が解明されるかもしれないという期待を込めた。

次ページ「もう一度、視聴率30%番組を」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。