フランス大統領を襲う「メーキャップゲート」

美容サービスに340万円使った件で批判殺到

 8月25日、フランスのマクロン大統領が、就任から100日の間にメーキャップのため2万6000ユーロ(約340万円)を使ったことが判明し、ソーシャルメディアや反対勢力から批判が噴出している。写真は25日撮影(2017年 ロイター/Stoyan Nenov )

[パリ 25日 ロイター] - フランスのマクロン大統領が、就任から100日の間にメーキャップのため2万6000ユーロ(約340万円)を使ったことが判明し、ソーシャルメディアや反対勢力から批判が噴出している。

当局者は25日に金額を確認し、前任者らが費やした額を下回っていると強調するとともに、これは一時的な状況であり速やかにより安価な方法に切り替えると説明するなど、火消しに躍起となっている。

オランド前大統領もヘアメーク担当者に毎月1万ユーロ

ソーシャルメディアではこの問題を「メーキャップゲート」と呼ぶ動きが出ているほか、報道機関もこの問題に相次ぎ注目。24日付ルポワン紙が一報を掲載した直後、硬派路線のルモンド紙も取り上げた。

1年前には、オランド前大統領がヘアメーク担当者に毎月1万ユーロを支払っていたとして、政敵らから攻撃を受けている。

大統領選で対立候補だった国民戦線(FN)のルペン党首の右腕として働き、金融業界出身の大統領を「現金候補」と揶揄したフロリアン・フィリポ氏はツイッターで「フランスが労苦しているときに、大統領は最低賃金の23倍相当のものを顔に塗りつけている」とつぶやいた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ネット広告の闇

世界最大の広告主・P&Gがネット広告を減らしている。トンデモサイトへの「知らぬ間出稿」でブランドを毀損したトヨタ、JAL、富士通…疑問と批判が噴出。ネット広告の問題点に迫る。