ドゥダメル氏、米国公演中止は「心が痛む」

ベネズエラ大統領を批判したため中止命令

8月21日、ベネズエラ出身の新進気鋭の世界的指揮者、グスターボ・ドゥダメル氏(36)は、同国政府が支援するユース・オーケストラの米国ツアーが中止されたことは「心が痛む」と述べた。写真は2014年2月撮影(2017年 ロイター/Jorge Silva)

[21日 ロイター] - ベネズエラ出身の新進気鋭の世界的指揮者、グスターボ・ドゥダメル氏(36)は21日、同国政府が支援するユース・オーケストラの米国ツアーが中止されたことは「心が痛む」と述べた。

ドゥダメル氏はこの数カ月、ベネズエラのマドゥロ大統領を批判し、反政府活動を強く支持する発言をしていた。

地元紙報道によると、中止命令は大統領府から出されたというが、公式の確認は得られていない。

同氏はツイッターで「ユース・オーケストラの4都市での演奏ツアー中止は心が痛む。若い音楽家たちと演奏するという私の夢は今回は実現できなかった」とし、「引き続き演奏を続け、より良いベネズエラ、より良い世界のために闘う」と述べた。

ドゥダメル氏が音楽監督を務め、青年180人のメンバーから成るベネズエラのユース・オーケストラは、9月に4日間の米国公演を予定していた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
メルカリ&ZOZOTOWN<br>流通新大陸の覇者

流通業界で新旧交代が起きている。新しい主役は「ネットで服は売れない」という常識を覆したゾゾタウンと、フリマアプリで新市場を作ったメルカリ。拡大する流通新大陸をリポート。