縮小策だけではジリ貧、ルネサスの前途多難

工場閉鎖へ地ならし

8月9日。東京・大手町にあるルネサスエレクトロニクス本社、9階の大会議室には100人以上が集まっていた。名古屋と米国の拠点もテレビ会議でつながれ、総勢300人超がプレゼンテーションにくぎ付けとなった。

ちょうど1週間前、ルネサスは今後3年以内に2工場を含む6生産施設の閉鎖を対外発表していた。この日は、ルネサスの特約店を対象に、工場閉鎖に伴う生産終了品目の説明が行われ、各社の営業担当者が押しかけていた。

会議室には作田久男会長、鶴丸哲哉社長の姿はなかった。担当者が「10年先まで顧客が必要としている半導体について、11月末までに情報を集めて提出してほしい」と通告すると会場はたちまちヒートアップ。質疑応答では、どの半導体が何年後に生産停止となるのかといった具体的な質問が相次いだ。

次ページ値上げ交渉も開始
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
決め手の新型車両を断念<br>迷走する長崎新幹線

2022年度の開業を控える長崎新幹線。九州西端に位置する長崎は交通の便の悪さに苦労しており、開業への期待が大きい。しかし、JR九州が新型車両導入を断念。博多直通が暗礁に。