99年ぶり米大陸横断の皆既日食、全米が沸く

トランプ大統領も息子のバロン君らと観測

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

日本時間22日未明からアメリカで、「皆既日食」が観測された。西海岸から東海岸まで横断するのが特徴で、99年ぶりとなる天体ショーに全米が沸いた。

皆既日食は太陽と月、地球が一直線に並び月の影に太陽が完全に隠れた状態。ワイオミング州では約2分15秒、皆既日食が続き、昼間にもかかわらず辺り一面が暗闇に包まれた。皆既日食がアメリカ大陸を横断するのは99年ぶりで、日本など世界中から観測する人たちが集まった。

また、この皆既日食をトランプ大統領も息子のバロンくんらと一緒に観測した。白人至上主義を擁護するような発言で厳しい批判にさらされるトランプ大統領だが、このときばかりは終始、上機嫌だった。

日テレニュース24の関連記事
米韓軍事演習に北「報復と懲罰免れない」
H.I.S.1万2千人分の個人情報流出か
夏の思い出に…巨大流しそうめん大会 尾鷲
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。