達人厳選、DIYを楽しくする「こだわりギア」

休日のものづくりを楽しくこなす技術

DIYは、その作業工程自体も楽しむことに醍醐味がある。石坂 健さんお勧めのギアとは?
カナヅチとノコギリを駆使し、家具を作り、自宅の内外装を補修! ――オッサンが目指すべき休日の、あるべき姿のひとつといえるのではなかろうか? DIYのスキルを身につけることは、たくましさと頼りがいを身につけることに他ならない。いざ、こだわりの工具を揃えて、休日必修科目を学んでみよう!

やっぱり自分好みのギアを使いたい!

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

自分だけのこだわりの家具を作りたいとき、お気に入りのテイストで自宅に手を入れるとき、自分好みの限りを尽くせるDIYには、やっぱり自分好みのギアを使いたいところ。ホームセンターには数多くのアイテムが並んでいるが、頼りたいのはプロの見立てだ。

そこで、空間デザインを手がけるMARU代表で、DIYの達人・石坂 健さんに、普段使っているプロ用ギアの中から、DIYにうってつけの、ツウ好みのオススメをチョイスしてもらった。

レーザーメーター

プロフェッショナルGLM40/ボッシュ

長さを測るのは、メジャーか定規……というのが一般的。確かにそうだが、デジタル全盛のご時世。レーザーメーターは、直線上にある壁やモノまでの距離を計測し、表示してくれるガジェット。通常なら手の届かない天井なども、一瞬で高さがわかる。壁紙を貼るときなど、さまざまな局面で使えるのだ。DIYのみならず、いろいろ測りたくなってしまうこと請け合いだ。

次ページ壁を傷つけずに石膏ボードの奥を探る
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。