全米プロ選手権、松山選手は後半失速で5位に

米国のジャスティン・トーマスが優勝

 8月13日、男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権は、ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブで最終ラウンドを行い、2位で出た松山英樹は5バーディー、6ボギーの72で回り、通算5アンダーの279で5位タイ。メジャー初制覇を逃した(2017年 ロイター/Rob Schumacher-USA TODAY Sports)

[シャーロット(米ノースカロライナ州) 13日 ロイター] - 男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権は13日、ノースカロライナ州シャーロットのクウェイルホロー・クラブ(パー71)で最終ラウンドを行い、2位で出た松山英樹は5バーディー、6ボギーの72で回り、通算5アンダーの279で5位タイ。メジャー初制覇を逃した。

一時は首位に立った松山だが、11ホールから3連続ボギーをマークするなどしてスコアを落とし、日本人初のメジャータイトル獲得とはならなかった。

ジャスティン・トーマス(米国)が通算8アンダーの276で優勝した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。