家の中をいい香りで満たす「プロのやり方」

部屋ごとに適した方法があった!

「玄関の小スペースには、『リードディフューザー』がオススメです。木製のスティックに浸透させたアロマオイルが揮発することで、空気中に香りが漂う仕組みで、電源は必要なく、置く場所を選びません。種類が多く、見た目もすてきなので、インテリアのひとつとして手軽に取り入れることができます」

「リードディフューザー」を玄関に置くだけで、家族や客人をほのかな香りでお出迎え(画像提供:小田ゆき)

もともと入っている芳香液の容量にもよりますが、芳香液を継ぎ足す手間いらずで、1カ月程度もつそうです。もし芳香液が残っているのに香りがしなくなったらどうすればよいでしょうか?

「部屋の環境によっては、スティックが乾いてしまい、香りが弱くなってしまうことも。そんなときは、スティックを上下さかさまにして液の漬かっていたほうを上にしてみてください。リードディフューザーは合成香料でつくられたものが多いですが、最近では天然のエッセンシャルオイルを使用したものも増えています。人工の香料より複雑で奥行きのある香りで、抗菌・消臭などの機能性がある天然のエッセンシャルオイルを使用したものをオススメしたいです」

リビングには拡散力がある「アロマディフューザー」を

家の中で比較的広い空間であるリビングにはどんなアイテムを使ったらよいのでしょう。

「空間が広いところには、香りを空気中に拡散してくれる『アロマディフューザー』が適しています。アロマディフューザーには数タイプあるのですが、アロマオイルを数滴入れた水をミスト状にして拡散する超音波式が値段も手ごろで現在の主流です。ほかに、最近人気が高まっているのは、アロマオイルだけを微粒子にして飛ばす気化式のアロマディフューザーです。アロマオイルの瓶をカチッとセットすれば、あとはスイッチをオン/オフと切り替えるだけ。超音波式で必要な水やアロマオイルの継ぎ足しが面倒という方にオススメです」

最近のアロマディフューザーは、素材や色、形などさまざまなデザインのものがそろう。インテリアに合わせて選びたい(画像提供:小田ゆき)
次ページ部屋に合わせて選びたい
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。