40代独身男は「理想の男性像」に滅ぼされる

貧困、仕事以上に彼らを自殺に追いやるもの

実は、女性の自殺はかねてから独身者のほうが多いのですが、これは未婚者というよりも、夫と死別した高齢の独身者が多いことによります。ただ、男性の場合は、年代別に見ると40代が4年連続で最も多くなっています。

40代独身男性の自殺は、なぜ多いのか?

40代独身の男たちの自殺は、なぜ多いのでしょうか? 私たちは、「不幸な結果には不幸な要因があるはずだ」と短絡的に考えてしまいがちです。「40代独身者が『幸せになれない』根本原因」という記事でもご紹介したように、既婚者より未婚者のほうが不幸度が高く、特に40代未婚男性の不幸度が最も高いという統計はあります。ただ、不幸度の高さが自殺者数に直結するとはいえません。

また、仕事を失った男性が自殺するからだ、というのも一面的な見方です。確かに、男性の自殺者を全年代で見てみると、6割が無職者です。ただ、これは60代以上の退職者が多く含まれているためです。実は、自殺をした40代男性のうち、無職者の割合は38%にすぎません(2016年版「自殺対策白書」より)。つまり、リストラや失業を経験したわけではなく、ちゃんと企業で働いている状態のままで自殺する40代男性が多いということです。

もうひとつ注目すべきは、自殺者の男女比です。男性の自殺者は女性のほぼ2倍以上でずっと推移しています。これは、日本に限らず全世界共通の傾向です。先進国だろうと新興国だろうと、民族や宗教が違えど、ほぼすべての国で男性の自殺のほうが多いんです。

こうした自殺における男女差はなぜ発生するのでしょうか? 2017年厚生労働省自殺対策推進室による「平成28年中における自殺の状況」の資料から、自殺の原因動機別に男女の差を見てみたいと思います。これらの原因動機は自殺者の遺書等の自殺を裏付ける資料から、明らかに推定できる原因・動機を、1人につき3つまで計上したものです。

次ページ40代男性の最も多い自殺理由とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
日本を動かす<br>地方の名門企業77

日本各地には、地元財界の顔として政治力・経済力をいかんなく発揮している企業がある。圧倒的な存在感とパワーを持つ名門企業の実態に迫り、今後の成長が期待できる地方発“次世代企業”を取り上げた。