ウィーンの双子パンダに好物のニンジン贈呈

1歳を迎えたお祝いのイベントで

 8月7日、オーストリアの首都ウィーンにあるシェーンブルン動物園で、昨年8月に生まれた双子のパンダ「フー・フェン」と「フー・バン」が1歳を迎え、お祝いのイベントが行われた。写真はお母さんと遊ぶ「フー・バン」(2017年 ロイター/Heinz-Peter Bader)

[ウィーン 7日 ロイター] - オーストリアの首都ウィーンにあるシェーンブルン動物園で、昨年8月に生まれた双子のパンダ「フー・フェン」と「フー・バン」が1歳を迎え、お祝いのイベントが行われた。

2頭には、好物のニンジンやサツマイモが入った包みがプレゼントされた。

大勢の来園者の前で、雄の「フー・バン」はお母さんパンダの「ヤン・ヤン」と一緒に遊んだが、もう一頭の雌の「フー・フェン」の姿はみられなかった。動物園によれば、眠っていたという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?