家計簿をつけても貯金できない人のNG癖5つ

ライフリテラシーが低い場合もある

FPに相談する方々はどちらかというと現状に余裕があって、「将来については大丈夫だと思うが、念のため診断してもらいたい」と考えている人がほとんどです。しかし、改めて計算すると老後の資金が不足するケースがほとんど。となれば、FPに相談する意思も、金銭的なゆとりもない世帯ではこれより先におカネが枯渇するケースが考えられます。

日本では金融リテラシーが低いと一部の知識層で叫ばれていますが、そうではなく、ライフリテラシーが低く、自分の人生を客観的に見つめることできないし、見つめる機会が存在しないのだと感じずにはいられません。

家計簿をつけて自ら節約できる人は少ない

今のままの生活を続けてしまっては、自分が思い描くような、優雅な老後が訪れないことがわかるはずです。そして、ここで危機感を持って初めて、今の生活が改善されるのです。まずは、自分が将来どんな暮らしをしたいかを真剣に考え、そういう暮らしをするにはどうしたらいいのか、というライフリテラシーを高めることが大切です。

ちなみに、先述のアンケートでは、家計簿をつけてから、自らの努力で節約を成し遂げたのは全体の3割でした。つまり7割の人たちにとっては、家計簿は無意味だったということです。

FPが協力すれば、この割合は6割ほどになるかもしれません。が、節約が必要な人ほど相談には来ない。50代になってようやく気がついたときには、挽回不能になっている――というケースも少なくないのです。

家計簿と聞くと古臭いイメージがあるかもしれませんが、最近ではアプリなどを使って家計を管理することも可能です。自分に合った方法を探して、自らの支出を把握する。同時に自分の将来をしっかりと描いて、それを実現するにはどうしたらいいのか、よく考えておカネを使ってください。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
50歳から考える<br>定年後の仕事選び

健康なら80歳まで働ける時代。60歳の定年からでも20年、50代で転身したら30年近くある。発想を変えれば、あなたの人生は変わる。生涯現役で働きたい人に役立つ情報が満載。