記事広告アーカイブ

オフィスが変わる→ビジネスが変わる

「優れた人材の採用・定着」、 「コミュニケーションアップ」、
「業務効率の向上」、「コスト削減」

企業にはさまざまな経営課題があるが、中でも重要なものが「人」に関するものである。あらためて言うまでもなく、ビジネスを生み出すのも育てるのも人材であり、人材がビジネスの成否を左右する。最近になって、その課題を「オフィス環境」で解決しようとする取り組みが増えている。
たとえば、自社の理念やビジネスコンセプトに合致したエントランスにしたり、動線に配慮したレイアウトにしたりするのも解決策の一つだ。
どのようにすれば、従業員に喜ばれ、競争力強化につながるオフィス環境ができるのか。この分野で評価の高いフロンティアコンサルティングに取材した。

「人が採れる・定着する」
企業の課題解決につながる働きやすく快適なオフィス環境とは

中堅中小・ベンチャー企業こそ
オフィス環境づくりが大切

「新卒採用を成功させるために、オフィスを移転したり、内装やレイアウトを変えたりしたいというご相談が増えています。特に中堅中小企業やベンチャー企業でそのようなお声が多いですね」と、フロンティアコンサルティング執行役員の藤(とう)拓也氏は話す。

執行役員/WPS ディビジョン
藤(とう) 拓也氏

同社は、オフィスのデザイン・設計・内装工事のほか、オフィス移転にかかわるコンサルティングやプロジェクト管理を行っている。

藤氏によれば、新卒学生の採用活動の場合、オフィス空間の印象がその成否を左右することが少なくないという。

「会社訪問した学生に『この会社で働きたい』と感じさせることが大切です」。

中堅中小企業やベンチャー企業の採用活動は、学生の初回の訪問時が勝負と言える。大手企業に勝つためには、少なくともオフィスのデザインでは負けていないと言えるレベルであるべきだ。実際に、同社の提案によりエントランスのデザインを
変更した結果、採用数の増加に成功した企業が少
なからずあるという。

「ただし」と藤氏は加える。

「受付の周りだけをきれいにしても、一歩オフィスの中に入ると、段ボールや書類が山積みというのでは、内定辞退やミスマッチにもつながりかねません。既存の従業員も含め、働きやすく快適なオフィスをつくるべきです」。

お問い合わせ
株式会社フロンティアコンサルティング
〒102-0074
東京都千代田区九段南1-5-5
Daiwa九段ビル 8F
 03-3222-4800
WEBサイトはこちら