ソフトバンクグループ4−6月営業益は50%増

エヌビディア評価益などが利益を押し上げ

 8月7日、ソフトバンクグループが発表した2017年4─6月期連結決算(国際会計基準)は営業利益が前年比50.1%増の4792億円となった。米スプリントの回復やソフトバンクビジョンファンド(SVF)関連でエヌビディアの評価益などが利益を押し上げた。写真は都内で7月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 7日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>が発表した2017年4─6月期連結決算(国際会計基準)は営業利益が前年比50.1%増の4792億円となった。米スプリント<S.N>の回復やソフトバンクビジョンファンド(SVF)関連でエヌビディア<NVDA.O>の評価益などが利益を押し上げた。

会見した孫正義社長はビジョンファンドについて「順調にいけば毎年数千億円前後の収益増加に貢献するのではないか」との見方を示した。

4─6月期のビジョンファンド関連のセグメント利益は1052億円だった。

売上高は前年比2.8%増の2兆1860億円に拡大した。国内通信は減収となったが、堅調な米スプリントやヤフーがカバーした。

孫社長は米スプリントについて「単独で成長することも十分可能だが、更なるスプリントの価値増大を考え、複数の選択肢の事業統合を検討している」と説明。「交渉は1歩1歩進んでおり、近い将来意思決定できるのではないか」との見通しを示した。ただ、具体的な統合相手などについては「再編は近くなればなるほどコメントすべきではない」として言及を避けた。

通期業績予想は開示していない。トムソン・ロイターがまとめたアナリスト20人の営業利益予想の平均値は前年比16.1%増の1兆1920億円となっている。

*内容を追加しました。

 

(志田義寧 編集:吉瀬邦彦)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。