ディズニーシーでバレる!残念な人の3欠点

「食事、行列…」本当に満足してますか?

【2】スタッフを感動させる

ディズニーシーで働くキャストの多くは「お客様を感動させたい」と本気で思っているディズニーファンである。

そのため、いかにお客様が「ディズニーとファンタジー好きで、夢と感動を求めているか」を知っているので、お客様にハピネスを届けるのに真剣な人も多い

シンガポールから来た友人曰(いわ)く、「豪華なサービスは世の中にいくらでもあるが、感動させるサービスを提供するのは難しい。ディズニーシーのキャストにはそれがある」と語っていた。

たとえば、『アラジン』に登場するジャスミンが、子どもに非常に丁寧に接して写真を撮っていたが、一緒に来ている親御さんは、自分の子どもの満足を高めるために頑張ってくれている姿勢に、いたく感動したことだろう。

そして、さらに目線の高い一流のディズニーシー来園者は、キャストから感動を与えてもらうことを必死に望んだりしない

むしろ、「同じディズニーシー好きの同志」として、客なのに他のお客さんにも十分、気を遣う。そして時にはオリエンタルランドに「このキャストさんのサービスが素晴らしかった、ありがとう!」などとサンキューノートを送り、キャストさんを感動させるのだ。

【3】自由に楽しむ

最後に付け加えれば、一流のディズニーシー来園者は、ディズニーシーの来園に一流も二流もへったくれもないことなど、看破している

そもそも遊び方なんて、その人なりの楽しみ方で自由に楽しめばいいのであり、そこらへんのおせっかいなグローバルエリートにとやかく言われる筋合いでないことは、百も承知なのだ。

勝手にどこぞの隠れミッキーを探そうが、パレードの撮影スポットを必死に探そうが、何時間も並んでその並ぶ時間さえも楽しんでみせようが、他人に迷惑かけないかぎり、自由に楽しめばいいのである。

皆さんで「ディズニー論争」に終止符を打とう!

これまで、ディズニーシーでの一流の来園者のあり方を語ってきたグローバルエリートだが、このディズニー論争とディズニーシー論争に終止符を打つべく、皆さまからのご意見を募集したい。

ディズニーランドやディズニーシーで受けたサービスの中、私たちが学ぶべきこと、逆に改善を要することに関しては、こちらまで体験談をお寄せいただきたい。

その内容に関して、グローバル・メールマガジンの「グローバル・ディズニー・カンファレンス」にて、緊急討論会を開催したいと思う。「我こそはディズニーファン」という方は、上記のアンケートフォームに「ディズニーに何を伝えたいか」をお書きいただきたい。

ディズニーランドおよびディズニーシー関係者、経験者、大ファンの方のアンケートおよび会議へのご参加を、お待ち申しております。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。