次なる「政治的ショック」は英国で起きる

新党が躍進するチャンスが訪れている

しかし、SDPの歴史は違った文脈から理解されるべきだ。1982年時点において、同党は世論調査で50%を超す支持率を得た。そこに起きたのがフォークランド戦争で、これが総選挙でサッチャー氏の保守党に圧勝をもたらした。

今は労働党にも保守党にも、選挙で大勝する望みはないように見える。6月の総選挙では、20ポイントもあった保守党のリードは一夜にして消えうせたかのようだった。有権者、特に若者が労働党に票を投じたからである。つまり、新党が支持を得るチャンスは大きい。

EU離脱は英国人の最大の関心事ではない

6月の総選挙については、もう1つ大事な教訓がある。EU離脱は英国人にとって最大の関心事ではないということだ。コービン氏の労働党はEU離脱について、メイ首相の保守党と同じ方針を掲げて選挙を戦った。だが雇用、医療、教育といった争点においては、両党のスタンスは対照的だった。

つまり、新たな政治ムーブメントが既存政党を打破するには、何にも増して公共サービスや経済の立て直し、政治的信頼の回復を御旗に掲げるべきなのだ。EUとの関係は、この目的を達成する手段に位置づけられるべきであり、それ自体を目的とすべきではない。

数カ月後には、政界再編の動きが現れる可能性はある。まず保守党がEU離脱をめぐる主導権争いと内部対立で疲弊するか。次にEU離脱問題をめぐって、50人を超す議員がコービン党首に反旗を翻した労働党内の混乱がエスカレートするかどうか──。これらが事の成り行きを左右する。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。