警視庁巡査、事故死遺体をゴミ集積所に放置

翌日ゴミ収集車に回収されるが署員らが発見

上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

先週、東京・豊島区の踏切で80代の女性が電車にひかれ死亡したが、警視庁の警察官が遺体の一部を誤ってゴミ集積場に放置していたことがわかった。

警視庁によると、目白警察署の20代の男性巡査は先月26日、自殺とみられる踏切事故で死亡した80代の女性の遺体の一部を袋に入れて回収し、誤って署のゴミ集積所に放置したという。袋は翌日、ゴミ収集車に回収され、気付いた署員らがその後、収集車を捜索して袋を発見した。

遺体は本来、霊安室に保管するが、男性巡査は「小さい肉片や骨片だったため不要であると思った」などと話しているという。警視庁は再発防止に努めたいとしている。

日テレニュース24の関連記事
「仕事人内閣」始動 注目閣僚が引き継ぎ
生中継のTVリポーターに痛々しい災難 露
築地火災 15時間後に鎮火も影響広がる
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?