アーバンコーポレイションが民事再生手続、経営破綻

アーバンコーポレイションが民事再生手続、経営破綻

不動産大手のアーバンコーポレイションは、13日、東京地方裁判所に民事再生手続開始の申立てを行い受理された。

サブプライム問題に端を発した信用収縮で、07年後半以降、常に資金繰りに注目が集まっていた同社だが、ついに力尽きた。13日の終値は62円(前日比1円安)だった。

負債総額は2558億円。

関連記事
・8868アーバンコーポレイション 会社側は物件売却や資金繰り面の懸念を否定
・不動産不況が波及 ゼネコン共倒れ危機!

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。