「歯のレントゲン」は何回までやっていいのか

放射線の安全性と患者がすべきこと

虫歯の診断など定期的な検診のためにCBCTスキャンを行うことは、「絶対に推奨できない」(写真:Syda Productions / PIXTA)

質問:昨日初めて行った歯科医で、レントゲンを22回撮られたうえに、さらに口の中全体を撮影するパノラマレントゲンまでされました。医師はすべての患者に行っていると言います。でも、ばかばかしいほど不必要で危険なように思えます。これについて誰が教えてくれませんか?

回答:あなたの歯科医はやりすぎのようです。特に、今回のように多数のレントゲン撮影を行うことがその歯科医にとって習慣になっているようですから。

こう答えてくれたのは、テキサス州サンアントニオの歯科開業医で、多くの高齢患者の診察にも当たっているサラ・ダークスだ。

最低限の回数にとどめる努力がなされるべき

米国歯科医師会の指針によれば、歯科医はすべての患者に対して一律の方針を適用すべきではない。虫歯や歯周病について個々の患者の状態を調べ、特別な理由があるときは特定のレントゲン撮影を勧めるべきだとされている。

「個人に合わせたものでなければならない」と、ニューヨーク大学歯学部でEBD(Evidence-Based Dentistry、根拠に基づく歯科診療)のディレクターを務めるアナリア・ビーツ・キーナンは言う。「すべての人に通用するというものではない」。

歯のレントゲンは、米国人がすべての画像診断によって受ける放射線被曝量の3%にも満たないが、実施を最低限にとどめる努力がなされるべきだ。画像診断による被曝は繰り返されると蓄積され、被曝量が多ければ多いほどがんのリスクも高まる。

歯のレントゲン撮影にはさまざまなタイプがあり、その一部を紹介する。

次ページ歯科医師会の見解は?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。