聖心女子に娘を通わせたいお受験ママの心理

圧倒的な箱入り感!

――そういった教えを、子どもたちは具体的にどのような形で学ぶのですか?

聖心らしい教育とは(写真:東京カレンダー編集部)

「そうですね……」と、綾香さんはしばし考えを巡らせたのち、こんなエピソードを教えてくれた。

「例えば、学内で悪いこと……誰かの物が失くなったとか、誰かが誰かの物を壊したとかいう問題が起こったとしますね。そういう時でも、絶対に犯人探しをしたりはしません」

犯人を探さず、どうやって解決するのだろうか。取材班が首をひねっていると、綾香さんは言葉を続けた。

「聖心ではキリスト教の教えに則り、罪は罰するのではなく赦すもの。誰かを問い詰めるようなことはせず、先生は自責の念に響くお話をして子どもたちを諭します」

なるほど、非常に素晴らしい教育方針である。

――しかし、そのやり方が通用するためには、そもそも子どもたち自身に「良心」というものがしっかりと育まれている必要がありますね?

取材班の言葉に、綾香さんは大きく頷いた。

「ええ。ですから、初等科の試験ではまさにそこを、見られているように思います」

見られているのは、「家族愛」

――聖心初等科のお受験では、どういう点を見られるのでしょう?

聖心女子学院初等科の考査で見られているポイントは…(写真:東京カレンダー編集部)

その質問に、綾香さんは「私の主観ですが」と前置きをしてからこう断言した。

「家族愛、だと思います」

それは、まさにご自身が初等科お受験を経験して感じたことなのだと言う。

「これは私の実体験なのですが、初等科のお受験で、“お受験が終わったら何がしたいですか?”と聞かれたんです」

――なるほど。綾香さんは何と答えられたんですか?

「家族で遊園地に行きたいです、と答えました。その時、校長先生がにこやかに微笑みかけてくれたんです。子どもながらに“正解したんだ”と思いました」

子どもは正直である。

咄嗟の質問に対する答えから滲み出る、家族愛。

次ページ親はどのような質問をされるのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
期待のインフルワクチン<br>「埼玉株」見送りの悲劇

「埼玉株」を用いたインフルエンザワクチンは高い効果が期待されていた。しかし土壇場で不採用に。なぜ埼玉株は使用されなかったのか。ワクチン選定をめぐる激しい議論を振り返る。