聖心女子に娘を通わせたいお受験ママの心理

圧倒的な箱入り感!

娘を聖心女子学院に通わせたい理由とは?(写真:東京カレンダー編集部)
教育は平等、ではない。
親の経済力が子どもの教育や学力に反映される「教育格差」。
東京の中心で暮らす裕福な家庭では、子どもの教育に桁違いの金額を費やしていると聞く。
これまで、年間学費300万円をかけて世界のトップ層を目指すインターママや、親子4代白百合ママ、福翁自伝を愛読する幼稚舎ママ、敢えての公立ママなどを紹介してきた。
今回は、自身の母校でもあり、都内屈指のお嬢様学校・聖心女子学院に娘を通わせるべく準備中のママに、お話を伺った。

聖心女子学院に通わせたい

#File08 私は聖心で、女性にとって最も大切なことを教わった。

名前:綾香さん
年齢:30歳
子ども:長女2歳
子どもの学校:未就学(これから幼稚園受験)

週末の朝。

取材班は、尾山台の『オーボンヴュータン』で綾香さんを待っていた。

2歳の娘を父親に預かってもらう必要があるため、自宅からほど近いのだというこの店を綾香さんから指定された。

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

決してアクセスの良い場所にあるわけではないのに、客足が途絶えないことに取材班は驚く。

見るからに高級そうなシャツやサマーニットに身を包んだ紳士、バーキンやケリーを携えたご婦人が、ひっきりなしに焼き菓子の詰め合わせなどを購入していく。

その様子を見るだけで、この店に集う客質の高さが伺える。

次ページ綾香さんが、愛娘を聖心に入学させたい理由とは
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。