最新!就職に強い大学ランキングトップ300

「実就職率」が高い金沢工大、福井大、芝浦工大

ただ、今年の卒業生も、就活スケジュールの変更に翻弄された。経団連が定める採用選考に関する指針は、企業の採用活動に関する広報解禁が「3年生の3月」と変わらなかったものの、面接などの選考活動は、4年生の8月から「4年生の6月」へと前倒しされた。採用に不安を覚える企業は6月以前に内定を出すところも多かったようだ。3年生の夏や冬のインターンシップで、早くから学生の囲い込みをする企業も多かった。

このような就活の状況で、就職を決めた学生はどれぐらいいたのか、そして就職率が高い大学がどこか? 大学別実就職率ランキングで、その状況を見ていこう。

トップは大阪総合保育大学で実就職率100%だ。しかも2年連続。児童保育学部だけの単科大で、卒業生は132人と小規模である。保育士、幼稚園・小学校・特別支援学校の教員免許が同時に取得できる。

中尾啓二事務局長がこう話す。「少人数ゼミを1年生からスタートさせ、インターンシップも1年次からはじめ、週1回、保育所や幼稚園、小学校などで教職員と一緒に働き、現場での仕事が理解できるようにしています。担任教員が4年間いて、欠席が多い、成績が悪い学生の指導にもあたります。3年生になって急に就活でがんばってもよい結果が出ないので、1年生から就職を考える教育を行っています。少人数ということもあり、キャリア職員、教員が一丸となって就職をサポートしています」。

2位は富山県立大学、3位は鳴門教育大学

教職員と学生の距離が近く、面倒見のよさが実績に結びついている。ただ、専門職ということもあり、入学後、自分は向かないと考える学生も出てくる。そういう学生には一般企業への就職もサポートしているという。

2位は富山県立大学で99.5%となった。工学部だけの単科大で、主な就職先を見ると、富士薬品5人、富山県庁、YKK、コマツNTC各4人などとなっている。このほかにも、高岡市役所、富山市役所に各2人が就職しており、公務員の就職に強い。

3位は学校教育学部の単科大である国立の鳴門教育大学で98.9%、4位はノースアジア大学で98.9%だ。同じ実就職率だが、小数点第2位以下の差で順位が異なっている。5位は工学部単科大の豊田工業大学で98.7%、6位藤田保健衛生大学、7位星薬科大学、8位第一工業大学、9位京都薬科大学と続く。上位には医療系の大学が多く、トップ10位以下でも、11位の群馬パース大学、15位の大阪薬科大学、19位の茨城県立医療大学などが顔を出している。

今年の学部別実就職率を見ても、医・歯学部を除いて、看護学部が94.9%でトップ。次いで理学療法士や作業療法士などを育成する医療技術系が92.9%と高い。医療系の実就職率は高いものの、薬学部は85.4%と平均を下回る。実就職率が高い医療系だが、一方で、進学と同時に将来の職業がほぼ決まってしまう学部でもある。適性を考慮することが大切だろう。

次ページ卒業生1000人以上では金沢工大がトップ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
マイクロソフトの蘇生力

創業43年のマイクロソフト。日進月歩のIT産業では古株。もはや時代遅れとの声も聞こえていた同社があらためて評価されている。革新をやめないテックの巨象をリポート。