JT、国内たばこ販売計画を930億本に下方修正

2017年12月期、従来計画は960億本

 8月2日、JTは2017年12月期(国際会計基準)の業績予想を上方修正した。「たばこベイパー(蒸気)」市場の広がりを受けて国内の紙巻きたばこの販売計画は下方修正したものの、海外たばこ事業における前提為替の見直しや医薬品事業のロイヤルティー収入の増加などを背景に増額修正した。写真は都内で昨年5月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 2日 ロイター] - JT<2914.T>は2日、2017年12月期(国際会計基準)の業績予想を上方修正した。「たばこベイパー(蒸気)」市場の広がりを受けて国内の紙巻きたばこの販売計画は下方修正したものの、海外たばこ事業における前提為替の見直しや医薬品事業のロイヤルティー収入の増加などを背景に増額修正した。

国内紙巻きたばこ販売計画は下方修正

連結売上収益は2兆1100億円から2兆1250億円(前年比0.9%減)、営業利益は5600億円から5650億円(同4.8%減)へと引き上げた。トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト20人の営業利益予測の平均値は5768億円で、会社計画はこれを下回っている。

海外たばこ事業では、中東やアフリカなど一部市場での事業環境を踏まえて総販売数量の計画を40億本下方修正。ただ、ポンドやユーロのドルへの換算レート、ドルから円への換算レートを見直したことで、利益面では上方修正となっている。

通期の国内紙巻きたばこの販売計画は960億本(前年比9.6%減)から930億本(同12.4%減)へと下方修正した。喫煙人口の減少が続くなか、「たばこベイパー」市場が想定以上に広がっており、紙巻きたばこからのシフトが起きている。

次ページプルーム・テック向け投資は前倒し
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。