ヤフーがジャパンネット銀行を連結子会社化

決済金融を強化、電子商取引の事業拡大

 8月1日、ヤフーは持分法適用会社のジャパンネット銀行(東京都新宿区)を連結子会社化すると発表した。写真は2009年8月撮影(2017年 ロイター)

[東京 1日 ロイター] - ヤフー<4689.T>は1日、持分法適用会社のジャパンネット銀行(東京都新宿区)を連結子会社化すると発表した。決済金融を強化することで、電子商取引の事業拡大をめざす。

現在、ジャパンネット銀行はヤフーと三井住友銀行が41.16%ずつ出資しており、両社の持分法適用会社となっている。ヤフーはジャパンネット銀行に取締役の過半数を派遣、連結子会社化する。

ジャパンネット銀行が10月に開催する臨時株主総会で正式に決める。

連結子会社化するが、両社の出資比率と三井住友銀行の持分法適用会社であることに変更はない。

ジャパンネット銀行の2017年3月期の経常収益は前年比1.8%増の263億円、業務純益は同46.0%増の30億円、当期利益は同10.5%減の20億円だった。

連結子会社化が業績に与える影響は軽微という。

 

(志田義寧)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
集中連載 電力の大問題<br>再生エネルギーの大競争

パリ協定を機に有力投資家も注目し始めた再生可能エネルギー。グーグル、アマゾンなどの巨大企業がしのぎを削る。中国も脱炭素化に本腰を入れる。出遅れた日本の対応は?