トランプ大統領に対し共和党の我慢も限界だ

堪忍袋の緒が切れそうな共和党主流派の面々

7月28日、トランプ米政権の発足から半年、政策以外の部分で次々と騒ぎを引き起こし、政権運営能力を欠く大統領に対し、共和党議員の不満はさらに高まっている。写真は、米メリーランド州の米軍基地でプリーバス首席補佐官の更迭について記者団と話すトランプ氏。(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 28日 ロイター] - トランプ米政権の発足から半年、政策以外の部分で次々と騒ぎを引き起こし、政権運営能力を欠く大統領に対し、共和党議員の不満はさらに高まっている。

議会上院で共和党議員らが医療保険制度改革(オバマケア)の改廃に奮闘する中、トランプ氏は心と体の性が異なるトランスジェンダーを米軍に受け入れないとツイッターに投稿し、「ボーイスカウト米国連盟」の全国大会で政治的発言をして不興を買い、新たに起用したスカラムチ広報部長の問題発言を看過した。

安全保障チームは「まともさ」を保つ砦

挙句の果て、オバマケアの一部を廃止する法案は28日に上院で否決され、議員らの努力は水泡に帰した。

共和党ストラテジストのアリス・スチュワート氏は「一連の騒ぎが(共和党議員による)法案成立を阻害しているのは明らかだ」と語る。

トランプ大統領は28日、スカラムチ氏と対立していたプリーバス首席補佐官を更迭し、後任にケリー国土安全保障長官を起用した。

トランプ氏に対し、堪忍袋の緒が切れそうな共和党主流派もいるようだ。

トランプ政権の中でも安全保障チームは「まともさ」を保つ砦とみられているが、このチームでも不満は高まっている。複数の関係筋によると、国家安全保障問題担当のマクマスター大統領補佐官とティラーソン国務長官は、ホワイトハウスからの扱いを不快に感じている。

次ページ巻き起こる混乱
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。