内閣改造、「支持率回復」を目指す考えで一致

自公党首が官邸で会談

 7月31日、安倍晋三首相は午後、官邸で公明党の山口那津男代表と会談し、来月3日にも実施する内閣改造について意見交換した。写真は首相官邸で28日撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 31日 ロイター] - 安倍晋三首相は31日午後、官邸で公明党の山口那津男代表と会談し、来月3日にも実施する内閣改造について意見交換した。山口代表は会談後、記者団に対し「改造を機に内閣の支持率を回復できるように、国民の信頼を取り戻せるように、ひとつひとつ頑張っていこうという意思確認をした」と語った。

首相はまた、内閣改造に関し「骨格を変えないで人心一新を図りたい」と述べたという。山口代表は、改造人事を巡って党の希望を伝えたと明かしたが、詳細は控えた。

(梅川崇)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。